農家さんの野菜、果物ネット販売を、基礎からサポート

野菜・果物のネット販売ノウハウ

ネット通販のリピート購入に効果的!お礼状の書き方

ネット販売で野菜や果物が売れたら、ダンボールに商品だけを詰めて発送していませんか?

もしそうであれば、非常にもったいないです。

お客様に商品を届ける時は、貴重なコミュニケーションのチャンスです。
ここで様々な工夫を凝らして、お客様との関係を深めることが、今後のリピート購入につながります。

今回は、商品に同梱することで、リピート購入がぐっと増える「お礼状」について紹介します
お礼状の目的から作り方まで説明するので、今回の記事を読めば、お礼状を自分で作成できるようになります

ぜひ実践して、リピート購入につなげて下さい。

1.お礼状とは

車やトラクターを買った時に、このようなお礼状をもらった事はありませんか?

車を買った際の、お礼状の例

物を買った時にお礼状をもらえると、このお店で買って良かったなと思いますよね。

これは、ネット販売で野菜や果物を買ったお客様も同じです。
効果的なお礼状を送ると、リピート購入してくれるお客様が増えます

作り方を勉強し、効果的なお礼状を送るようにしましょう。

2.お礼状を送るメリット

お礼状を送るメリットは、大きく分けて二つあります。

2-1.お店のイメージアップになる

届いた商品にお礼状が添えられていたら、お客様は「丁寧できちんとした、いいお店だな」と感じます

お客様がリピート購入する条件の一つは、お店の対応がきちんとしている事です。
売っている野菜・果物がいくらおいしくても、お店の対応がいいかげんでは、リピート購入してくれません。

お客様にお礼状を送ることで、お店の印象を良くしましょう

2-2.お礼状は、お客様へのあいさつ

挨拶をしている人のイラスト

人は、一度だけ会話した相手より、何度も会話したことのある相手の方が信頼できるそうです

農家さんの家にも、農協や販社の人があいさつをしに訪ねてくると思いますが、頻繁に顔を会わせている方が、安心してその人から物を買えるのではないでしょうか。

ネット販売でもそれと同じように、お客様とたくさん接することで、関係が深まり、信頼感を持ってもらえます

ネット販売では、購入してくれた商品にお礼状を同梱する事で、あいさつができ、信頼関係を作っていくことができます

お客様に感謝の言葉を伝えて、より信頼関係を深めましょう。

3.どんなお礼状を書けばいいのか

ここからは、効果的なお礼状の作り方を紹介します。

お客様に好感を持ってもらえるお礼状は、どう書けばいいのでしょうか?

まずは、あまり良くない例から説明します。下のサンプルを見てください。

あまり良くないお礼状の例

一見、丁寧な言葉使いで問題ないように思えます。
しかし、どこか事務的で殺伐と感じられませんか

実は、このサンプルはインターネット上にあった例文をそのまま書いたものです。

お客様が読んだとき、「丁寧なお店だな」と感じるとは思いますが、それ以上の気持ちは伝わりません。

せっかくお礼状を送るのですから、気持ちも伝わって、関係が深まるような内容にしましょう

今度は、おすすめの例を紹介します。

良いお礼状の例

先ほどのサンプルより、気持ちが伝わってくるのではないでしょうか。

改善したのは以下の点です。

  • 生産者である自分の想いをしっかり書く。
  • お客様に喜んでもらいたい気持ちを素直に伝える。
  • フォントを柔らかい字体に変更。
  • 事務的な連絡先情報は削除。(ホームページ等で連絡先は分かる。)
  • 農園の様子や生産者の映った写真を載せる。

お礼状を書く時、特に大切なのは、不慣れでもいいから自分の言葉で書くという事です。

誰かが書いたお手本をそのままコピーしたのでは、初めからそこに自分の気持ちが無いので、お客様に何も伝わりようがありません。

書き方のルールや文法を気にするより、自分の思いをしっかり書くように心掛けましょう。

書くのが苦手な人は

自分の気持ちを書けと言われても、ペンを持つと固まってしまう、という人もいるでしょう。

そんな時、うまく書き始めるコツは、相手が目の前にいると想像して書いてみることです。

もし、お客様が目の前で直接手渡しで商品を買ってくれたとしたら、あなたは何とお礼を言いますか?
そのとき話す言葉を、そのまま書くようにすればいいのです。試してみてください。

4.お礼状の作り方

お礼状を作っている農家さんのイラスト

ここからは、お礼状の作り方について説明します。

4-1.文章をワードで作成

お礼状の作り方で、最も良いのは手書きです。
しかし、商品を送るたびに手書きで書くのは、現実的に無理があります。

なのでワード等のソフトで文章を書き、それを印刷して、お礼状を作りましょう

ポイントとして、手書きに比べ、印刷した文字は堅苦しくなってしまうので、少しでもやわらかい雰囲気になるよう、フォントを変えるなどの工夫をしてください

一部だけでも手書きにしよう

お客様や自分の名前のところを、手書きで書くという方法もあります。

一部でも手書きにすることで、読んでもらった時の印象は良くなります
書く手間もあまりかかりません。

必須ではありませんが、余裕があれば、お客様や自分の名前のところだけでも、手書きで書くことをおすすめします

ただし、相手の名前を間違えると、大変失礼になってしまうので、あえてお客様の名前は記入しないのも手です。

4-2.印刷する紙を選ぶ

紙とペンのイラスト

お礼状は印刷する紙によっても、印象がまったく異なります

文房具屋に行けば、A4サイズのお祝い用の高級紙や和紙が売ってあるので、それを使いましょう
ペラペラのコピー用紙に印刷するよりも、ずっと好印象です。(高級紙印刷和紙

また、淡い色味の入った紙に印刷すると、白地よりもやわらかい雰囲気になるので、いろいろ試してみてはどうでしょうか。

4-3.商品に同梱するときの注意

野菜や果物といっしょに入れたお礼状が、土などで汚れてしまっては台無しです。

そうならないように、同梱する時は、お礼状を透明のフィルムに入れてください
透明のフィルムなら、中身がお礼状だとすぐ分かるし、水にも強いです。

ホームセンター等でちょうどいいものが市販されています。(OPパック透明パック

5.リピートしてくれたお客様に送る場合

お客様と農家さんが手を取り合っているイメージ

初めて購入してくれたお客様と、リピート購入してくれたお客様とでは、お礼状の内容を変えましょう

二回目に買った商品に、最初と同じお礼状が入っていたら、「このお礼状は形だけなんだ」と思われてしまいます。

「再度のご購入ありがとうございます。・・・」というような文章が入っているだけでも、特別扱いされている感じがして、良い印象を持ってくれます。
皆さんも、買い物したときに特別扱いしてもらえると嬉しいですよね。

リピート用のお礼状を用意しておき、梱包の時に入れ分けるようにしましょう
そうすれば、リピート購入の数が更に伸びるはずです。

顧客情報をきちっと管理するのは大変ですが、お客様一人一人を大切にするためにも、ここは頑張りましょう。

6.まとめ

今回は、野菜や果物に同梱するお礼状について紹介してきました。

もう一度おさらいすると、

お礼状を送るメリットは、

  • お店のイメージが良くなる
  • 直接会うあいさつの代わりとして、お客様との関係を深められる

という事です。

そして、お礼状を書くときは、しっかりと気持ちを込めて書くことが大切です。

野菜づくりに真剣に取り組んでいる農家さんだからこそ、その姿勢をありのままに伝えれば、お客様の心に届くお礼状が書けると思います。

リピート購入を増やすためにも、是非お礼状を有効活用してください。

農家さんのネット販売の基本について、農ログがゼロから解説した資料を、無料でプレゼントしています。

農家さんの初めてのネット販売

ネット販売に興味はあるけど、よく分からなくて不安・・・
ネット販売って実際儲かるの?

ネット販売初心者の農家さんのこのような疑問にお答えします。
野菜・果物のネット販売の特徴・始め方を、ゼロから分かりやすく解説した資料です。

本書を読むと分かる事

  • ネット販売未経験の農家さんでも、ネット販売がどのようなものか理解できる
  • ネット販売の不安点、疑問点が解決する
  • 簡単なネット販売の始め方が分かる
農家さんの初めてのネット販売

全96ページに渡って、野菜・果物のネット販売の特徴・始め方など、基礎的なことを中心に、簡単に、分かり易くまとめています。

また、無料資料をダウンロードいただいた方限定で、更に実践的なノウハウの詰まった資料を、メールにてお届けします。
ネット販売初心者の農家さんだけに限らず、ネット販売で利益をあげたいと考えている農家さんはぜひ読んでみて下さい。きっと参考になると思います。

無料資料をダウンロードする

ネットショップ構築費の2/3を補助。経済産業省IT導入補助金。(農ログが採択されています)

IT導入補助金の交付申請は平成29年6月30日をもって締め切りました。
たくさんのお問い合わせ、お申し込みありがとうございました。

フェイスブックページへのリンク